【今日も今日とて】とは…意味と使い方・使用例について!

 

"今日も今日とて"の意味

正式名称

今日も今日とての正式名称は、そのまま「今日も今日とて」になります。

「とて」は古文でも使われている文法で現代語訳をすると「今日も今日とは言っても」になります。

言葉の意味

今日は今日とてとは、代り映えのしない日常が続いていることを意味する言い回しです。普段の会話で使用されるというよりも、SNSの呟きやブログのタイトル、漫画や小説などの作品のタイトルに使用されることが多くなっています。古くから存在する言い回しではありますが、近年急速に若者の間で広まっています。

間違えやすい意味

代り映えのしない日常に飽き飽きしていたり、自分の現状を皮肉るというようなネガティブな意味を持つ場合もあれば、今日も自分の好きなことをしているというようにポジティブな意味を持つ場合もあります。そのため、文脈などから意味を類推する必要があります。

"今日も今日とて"の使い方

使用シーン

SNSやブログにおいて今日も今日とて○○をするという投稿をする。

代り映えのしない日々にたいして今日も今日とて○○であると表現する。

"今日も今日とて"を用いた会話例

A「今日も今日とて平和だなー」

B「確かになー」

"今日も今日とて"の語源・由来

語源・由来

「とて」という表現は、土佐日記や徒然草においても使用されているほど古くから存在しています。しかし、今日も今日とてという言葉が近年流行している要因についてはしっかり判明していません。

用語集の関連記事
  • 【ジト目】とは…意味と使い方・使用例について!
  • 【やおい】とは…意味と使い方・使用例について!
  • 【トゥンク】とは…意味と使い方・使用例について!
  • 【今日も今日とて】とは…意味と使い方・使用例について!
  • 【ぱおん】とは…意味と使い方・使用例について!
  • 【バ美肉】とは…意味と使い方・使用例について!
おすすめの記事